生態工房とは活動について参加する支援する
のんびりカメたち

池や川でのんびりと日光浴をしているカメたちの姿は、見る人の心を和ませてくれます。
でもひょっとすると、それらのカメは昔からいた在来種ではなく、外来種のミシシッピアカミミガメ、通称ミドリガメではないでしょうか。

現在、各地の都市部や街中の水辺で見られるカメのほとんどがミシシッピアカミミガメです。昔はこの水辺に在来種のニホンイシガメが生息していましたが、最近ほとんど見られなくなりました。一体なぜこれほどアカミミガメが増えてしまったのでしょうか?






◆この活動を支援する◆
PayPal(クレジットカード決済)

☆PayPalを利用することで、クレジットカードで安全・簡単にお支払いできます☆

▼<この活動への寄付>▼

※寄付の最小単位は¥3,000です。最小単位以上の寄付をご希望の方は、お手数ですが「寄付をする」ボタンを押した後に表示される「ショッピングカート」の画面で数量を増やしてください。






◆ミドリガメ(アカミミガメ)飼育者向けリーフレット(pdf形式)◆



◆ミドリガメ(アカミミガメ)の影響と対策に関する普及啓発リーフレット(pdf形式)◆







MCF
本サイトは2013年度 ドコモ市民活動団体助成(環境分野)を受けて製作しました。