生態工房とは活動について参加する支援する
ニホンイシガメ応援団


  かつては身近な小川や池、田んぼなどに棲んでいたニホンイシガメは、生息地の消失や劣化、さらに近年は外来種による影響や商業目的の採取で全国的に減少しています。東京都内でも減少が著しく、都レッドリストでは絶滅の恐れが最も高い「絶滅危惧TA類」に選定されています。

 そこで、ニホンイシガメの生息環境の保全と回復を進めるために、「ニホンイシガメ応援団」を結成しました。 皆さまからの支援金をもとに、ニホンイシガメやカメを取り巻く在来生物が生息できる環境の維持・再生を行います。活動地の武蔵野台地にこれからもニホンイシガメが棲み続けられるように、公園管理者等と協力しながら取組を進めています。


 あなたもニホンイシガメのサポーター(応援団員)になって、保全活動を支えませんか?
※この活動は、野外に生息しているカメを“里子カメ”として見守りながら、保全活動をサポートして頂くものです。
カメの飼育や提供は行いません。 


<応援団の会費はこんな活動に役立てられます>

●外来生物防除
 生息地に持ち込まれた外来カメによる被害(ミシシッピアカミミガメとの競合、クサガメとの交雑)を防ぐために防除を行います。
 アライグマによる捕食被害が発生しているため、アライグマの生息調査と捕獲作業を進めます。

▲ 外来カメ捕獲作業
 
▲ クサガメと交雑したニホンイシガメの幼体(左)
  (中央:クサガメ、右:ニホンイシガメ)

●モニタリング
 活動地のニホンイシガメの個体ごとに、成長や年齢を記録し、個体数の推移を調査します。

●生息環境の維持や整備
 かいぼりによる堆積物の除去や水質改善、植生管理による水面の回復を行い、池の環境を良好に保ちます。垂直護岸で深くなっている岸辺に、幼体の生息環境となる浅い湿地を整備します。
▲ 水面を回復するための植生管理作業

●普及啓発
 ニホンイシガメが直面しているさまざまな問題について知ってもらうため、イベント等で展示や解説を行います。

●緊急! アライグマ対策
 特定外来生物アライグマは、浅瀬に潜んでいるニホンイシガメを器用に掘り出して食べます。このため、アライグマが侵入した地域ではカメの四肢や頭部の欠損、死骸が見られるようになり、生息数の減少や地域的な絶滅が報告されている地域もあります。わたしたちの活動地でもこうした四肢欠損等が発生しています。アライグマ対策は待ったなしの状況です。
 わたしたちは行政にアライグマ対策の提言を行っているほか、センサーカメラでの生息確認と箱ワナによる捕獲を組み合わせた防除活動を進めています。

▲ 右前肢を食いちぎられたニホンイシガメ
  (光が丘公園)
▲ 箱ワナの見回り ▲ 捕獲されたアライグマ


◆サポーターになるには…
◆ニホンイシガメってどんなカメ?
◆なぜ保護が必要なの?
◆サポーター制度のしくみ

@1口3,000円から応援団員になれます!
特に応援したいカメ(里子カメ)がいれば、番号を明記して申し込みください。
特定の子を選ばなくても、サポートできます!
※このプログラムは、皆様がイシガメを引き取って育てるものではありません。


Aサポーター証明書団員証が届く!
●初回登録時:サポーター証明書を発行します。
※応援団員証は、年度更新のたびに新しいものを発行します。

▲団員証
  ▲サポーター証明書 (表面) 

▲サポーター証明書 (裏面)
里子カメを選んだ方は、裏面に里子カメの情報が載っています。



B保全活動の報告書「まごがめ便り」が届く!(年1回)


▲ニュースレター「まごがめ便り」
内容は・・・外来種防除や生息地の保全作業のご報告などなど。
里子カメを選んだ方には、どれくらい大きくなったか、成長記録も届きます。


応援できるニホンイシガメの一覧はこちら。
サポーター(応援団員)の申し込み先はこちら。

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ


★二頭以上のカメのサポーターとして申し込みたい場合は、お手数ですが1頭ずつメールをお送りいただくか、申し込みたいカメの番号と口数を最後の自由記載欄にご入力ください。

振り込み方法は【銀行振込】【郵便振込】【Paypal(クレジットカード)決済】の3種類からお選びいただけます。
 Paypal決済・・・収納代行会社Paypalのホームページを介して、クレジットカードでお手軽に支払いができます。手数料はかかりません。
 銀行振込、郵便振込・・・当方で申し込みメール確認後、合計金額や詳細な振込先等をメールでお知らせします。振り込み手数料はご負担ください。
※メールの返信には3〜4日かかることがございます。万が一、一週間経過しても返信がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、下記の宛先までお問い合わせください。yahooメールやhotmailをお使いの方は、迷惑メールフォルダもご確認下さい。



疑問・質問等ございましたら、以下の宛先までお問い合わせください。
認定NPO法人生態工房 「ニホンイシガメ応援団」
Mail : eco@eco-works.gr.jp
TEL&FAX : 0422-27-5634

積水ハウス当プログラムは積水ハウスマッチングプログラムの会より2015年度に助成を受けています。
▲ページのトップへ

<スピンオフ企画!>公園deカメウォッチング!  
あなたの里子カメに会えるかも!?ぜひご参加ください!

上記画像をクリックすると、PDF(約300KB)が開きます。開催は、以下の通りです。詳しくはPDFをご覧ください。

●2020年4月26日(日) 都立 井の頭恩賜公園
●2020年5月5日(火・祝) 都立 石神井公園
※いずれの回も中止となりました。



<過去の開催回>
●2016年5月15日(日) 都立 石神井公園
●2016年6月11日(土) 都立 光が丘公園
●2018年5月6日(日) 都立 石神井公園
●2019年4月28日(日) 都立 石神井公園
●2019年4月30日(火・祝) 都立 井の頭恩賜公園
▲ページのトップへ