生態工房とは活動について参加する支援する
第19回外来魚情報交換会
併催の 公開シンポジウム についてはコチラ )

第19回外来魚情報交換会 in 江戸川大学


クリックで拡大します
(PDF/ダウンロードしてお使いいただけます)

※当日プログラムはコチラ→

ご支援についてはコチラ
(ご寄付・差し入れなど)

ブルーギルやブラックバスなどの外来魚をはじめとする水辺の外来生物に関する情報を、様々な主体の方々が持ち寄って発表・情報交換をする集会です。参加者どうしの意識と知識が高まり、防除や被害防止に向けた対策に資すること、様々な主体による連携を強化することを目的としています。
第1回会議は2006年1月に、「琵琶湖を戻す会」の主催により滋賀県立琵琶湖博物館で開催されました。それから年1回、同会が滋賀県内で開催してきました(第16回はコロナ禍で急遽中止)。第19回会議は滋賀を飛び出し、満を持して東日本地域で初めて開催します。ぜひ、初参加の皆さんの発表をお待ちしています。

◆開催期間◆
2024年 2月 10日(土) ・ 11日(日)

◆開催場所◆
江戸川大学(千葉県流山市) E棟1階・映像ホール
キャンパスマップ / 大学へのアクセス方法
※開催期間中、スクールバスは運行していません。
※公共交通機関をご利用ください。
(搬入などのご事情で大学構内に駐車する方は、事前の届け出が必要です。2月3日までにご連絡ください。)

◆参加及び発表資格◆
・水辺の外来生物問題に興味・関心がある方
・発表は水辺の外来生物(国内外来種も含む)に関するものであれば、どなたでも可
 例:調査報告、研究発表、事例紹介、話題提供など

第18回までの開催情報や発表内容は、こちらをご覧ください

◆参加費(2日間共通)◆
一般 1,000円 講演要旨集付き
※当日会場にてお支払いください(現金、クレジットカード、キャッシュレス決済可)
☆当日参加は300円追加

学生/生徒 無料 講演要旨集なし

☆講演要旨集には、第19回外来魚情報交換会のすべての発表と、2月11日の公開シンポジウム講演の発表要旨が収録されています。
☆講演要旨集は会場で販売します。必要な方は別途購入してください。1冊 500円
※江戸川大生には無料で配布します。



◆懇親会◆
2月10日(土) 18時〜20時 @大学食堂
一般・学生:6,000円、 高校生以下:無料
☆参加は2月6日までにお申し込みした方に限ります。2月7日以降のお申し込みは、当日会場でお問い合わせください。



◆開催スケジュール◆

◇ 2月10日(土) ◇

12:00  受付開始
13:00  開会挨拶
13:05〜 口頭発表
   (休憩)
14:25〜 口頭発表
   (休憩)
15:30〜16:20  ポスター発表コアタイム
   (休憩)
16:30〜 口頭発表
17:40  事務連絡
18:00〜20:00  懇親会 @大学食堂
         一般・学生:6,000円、高校生以下:無料

◇ 2月11日(日) ◇

9:15  受付開始
9:30〜 口頭発表
   (休憩)
10:50〜 口頭発表
12:00  閉会挨拶

 〜詳しいプログラムは こちらから(PDF:約270KB)〜
   ※2024/1/29 プログラムを公開しました。  


◆申込等のスケジュール◆
 2024年 1月 21日 : 発表者 申込〆切
 2024年 1月 28日 : 発表者 要旨提出〆切
 2024年 2月 6日 : 参加者 事前申込〆切



◆参加方法◆

◎発表する人
ポスター発表、口頭発表を選択できます。
口頭発表は、発表時間と質疑応答を含めて<15分>です。
ポスター発表は、A0サイズ(841*1189mm)以内を基本としますが、展示範囲がそれより広くなっても構いません。道具や機材の実物展示も可能です。

発表申込〆切:   2024年 1月 21日 (日)
ーーー 申し込みフォーム ーーー

要旨原稿の提出〆切:   2024年 1月 28日 (日)
ーーー要旨作成の手引き、送付先はコチラーーー


◎発表しない人
事前申込〆切: 2024年 2月 6日 (火)
※当日参加も可能です(参加費300円追加)
ーーー 申し込みフォーム ーーー



◆主催◆
琵琶湖を戻す会 ・ 認定NPO法人生態工房

◆共催◆
全国ブラックバス防除市民ネットワーク(ノーバスネット)
江戸川大学 国立公園研究所



<お問い合わせ>
認定NPO法人 生態工房 事務局
Eメール:eco@eco-works.gr.jp   TEL&Fax:0422-27-5634


▲ページのトップへ