生態工房とは活動について参加する支援する
エコモニ 生態工房生きものモニタリング


▼外来植物の抜き取り


 原っぱでは、在来環境の保全と復元を目指しています。侵入してくる外来種を減らすため、選択除草を行います。

▲鎌や手で丁寧に外来草本を除草します


▲除草された外来植物のセイタカアワダチソウ

▲過去の活動の様子


 
 


▼草の刈り取りと運び出し


 原っぱでは、年2回程度、草はら維持のためにススキなどをほどよく刈り取り、株を若返らせています。美観や安全面からも、刈り取ることで見通しをよくしています。
刈り取った草は、サンクチュアリ林内の堆肥場へ運び出し、土が富栄養化しすぎるのを防ぎます。

▲刈り取った草を熊手で集めます


▲リヤカーに乗せて、堆肥場へ

▲過去の活動の様子


 
 


▼ちゃが馬準備


 ちゃが馬作りのための材料、「チガヤ」を刈り取ります。
 ススキやオギとの識別ポイントを確認しながら刈っていきます。

▲チガヤ刈り取りの様子


▲イベントが楽しみです

▲過去の活動の様子

▲ページのトップへ